Airbnbでの失敗体験!

宿泊施設

最近よく聞く民泊の掲載サイトAirbnbですが、Airbnbについてまだまだどういうものかわからない方が多くいらっしゃると思います。

海外ではAirbnbを使い民泊施設を利用することはかなり主流になっていますが、日本では民泊の良さや悪さ、ホテルとの違いが認知されておらず海外と比べるとまだ普及していないですね。

別の記事で、私がお勧めする3つ宿泊施設サイト(Airbnb,booking.com,homeaway)の特徴・メリットを紹介し、それぞれのサイトがどのような人に向いているのかをお伝えしてます!⇩

今回は、3つの宿泊施設掲載サイト(Booking.com, Airbnb, Homeaway)の中の1つ、Airbnbについてデメリットを私の利用経験や実際に民泊代行の運営をしている経験を踏まえてお伝えしたいと思います。

しっかりと各サイトの良し悪しを把握したうえで皆さんには利用していただこうと思ってます^^

Airbnbの特徴(デメリット)

①素人が運営
②民泊の質の低下
③相互評価システム

デメリット1. 素人が運営

前回の記事で、airbnbの特徴として宿泊施設がある地域や土地で育った人がホストをしている物件が多いといいましたね。

その為、ローカルの情報やネットに載っていないようなお勧めスポットを聞き出せることが良さだとお伝えしました。

ですが、この良さが時にはあだになる事があるんです!!!

これは私が実際にairbnbを利用したときに体験した内容です。

体験談①~清掃がされていない~

四国旅行をしたときの話です。

古民家を改装した民泊物件を利用しましたが、チェックインをしたところ私たちが見るや驚いた顔をされていました。
なんと、私たちの予約を把握していなかったそうで部屋の清掃が終わっていない状態でした(笑)

ホテルでは起こらないことだと思います。

Airbnbでも清掃がされていないということは頻繁には起りません。
ですが、Airbnbのホストは素人がされていることがあるので予約や清掃タスクの管理がずさんになってしまう場合があります。

私の場合これまでairbnbを利用した中で2回ほどありました。
利用した物件のホストさんの評価は良かったのですが、何かの勘違いで清掃が手配されていませんでした(笑)

ホストさんはすぐに清掃を対応してくれ、15時ごろにチェックインしたので清掃中は観光に出かけました。

ですが、夜中にチェックインしていた時の場合を考えるとぞっとしますね、、、(;’∀’)

体験談②~入室できない~

カナダでAirbnbを利用したときの話です。

利用した物件はマンション・アパートメントタイプでした。
チェックイン前までホストさんとチャットでいくつか質問をしたり、チェックイン当日には何時ごろに到着するなど連絡を取っていました。

しかし!
チェックインの為にマンションのエントランスで警備員にIDを見せ受付をしたところ、「あなたの名前がない」と一言いわれて入室を拒否されました。

私はすぐにairbnbの予約画面を見せて予約が受け付けられていることを証明しましたが入室できず、、、、

理由を詳しく聞くと、ホストさんからマンションの管理人へ「registration guest form」が送られていなく宿泊者のリストとして僕の名前がなかったそうです。

その為、いくらairbnbのページで予約が完了していることを見せても入室はさせていただけませんでした。

そこで、airbnbのチャットでホストに現状を伝えましたが、夜9時ごろだったので連絡が来ず、フロントの警備員にホストに電話をしてもらいましたがそれでも出なかったです。

ホテルだと担当者がフロントで24時間対応で常駐しているので、電話をして連絡がつかないことはほとんどありません。

警備員にホストから連絡が来るまでロビーで待ってもいいと言われたので、待っていると1時間後ようやく連絡が来ました( ;∀;)

ホストが言うには 「registration guest form」 は送ったつもりだったそうで、ただ一言謝って終わりです。

お詫びとして割引や他のサービスを期待しましたが何もありませんでした。
さすがの私も激おこぷんぷん丸でした。

デメリット2. 民泊の質の低下

これは実際にゲストハウスの運営と民泊の代行運営をしている立場から感じることです。

それはAirbnbの本来の意味を理解せず民泊施設を提供しているホストやオーナーが増え、Airbnbのゲストの期待に合った宿泊施設が埋もれてしまっている

Airbnbの良さは、空いてる部屋や家もしくはスペースを宿泊施設として地元の人がホストになり提供するためコストを安して宿泊でき、ローカルの暮らしを楽しむことができるというものだと私は考えています。

ですが、最近airbnbで増えている物件は

投資家が投資目的に大量に購入し、ザ・宿泊施設のようなその地域の暮らしを感じれない/何の特徴もない内装にデザインされ、運営は代行業者が担当しているようなものばかりです。

そうなると以下のような民泊物件が増えてきます。
①コストが高い
②ホテルと変わらない
③ローカルを感じれない

では、各項目に関してもう少し詳しく説明していきましょう。

コストが高い

Airbnbの良さとしてリーズナブルな価格でホテルよりも大きくゆったりとした部屋に泊まることが出来るとお伝えしてきました。

その理由として、Airbnbに掲載されている施設は元々空き家やマンション・アパートの空き室を宿泊施設として提供されています。
その為、初期投資も少なく低コストでホストが宿泊施設を運営できるため安い価格で民泊施設を提供できるからです。

ですが、2年前ごろからairbnbで民泊をすると儲かると知った投資家たちが、物件を投資目的で買ったり借りたりし始めました。

その結果、物件のオーナーが物件の家賃や価格を上げても投資家が買ってくれるということがわかり現在ではかなり高い価格で賃貸・売買がされています。

これにより、初期費用やランニングコストが高くなったため宿泊費を上げて利益を回収しなければならなくairbnbの民泊の良さであるリーズナブルさが徐々に失われてきています。

ホテルと変わらない

Airbnbでは戸建ての物件が掲載されていますが、マンション・アパートメントタイプの施設もかなり増えてきています。

なぜなら、先ほどお伝えした通り物件の家賃・売買価格が上昇してしまったのが理由にあります。初期費用やランニングコストを抑えると、1Rや狭い部屋で民泊を始めるオーナーさんが増えてきます。

また、内装に出来るだけお金をかけずシンプルで味気のない部屋になっていたり、出来るだけ収容人数を増やそうと二段ベットやソファーベッドを可能な限り敷き詰めて運営されているホストもいらっしゃいます。

その為、ホテルと変わらない/より質の悪い物件が出てきています。

やはり、民泊施設を利用するのであればリーズナブルでも内装の良く、自炊もできてゆったりとリビングで寛げるような物件であってほしいですよね。

ローカルを感じれない

私の感覚ではありますがAirbnbの良さである、ローカルを楽しむことができない物件が増えてきていますね。

では、そもそもAirbnbでどうやってローカルを楽しめるのかという事を簡単に私の意見でお伝えしたいと思います。

楽しみ方①

各国や地域では暮らしや生活は違います。
その違いは家の中の家具や雑貨、壁紙、間取りにも表れてきます。

部屋の空間からそういった違いを楽しみ、その土地の文化や暮らしを楽しめるはずです。
ですが、最近感じるのが宿泊のための内装をしているためホテルと変わらない特徴のない内装の物件が多いです。

楽しみ方②

airbnbの場合、掲載されている宿泊施設はその地域で育った方がホストが運営していることが多いです。

私はaribnbのチャットでホストさんがお勧めするお店や地元の方が良くいくスポットを聞いたりします。
そういう情報はネットに載っていない情報もあるので他の旅行者とはまた違った旅を楽しめます!

ですが現在、いくつかの宿泊施設はホストの代わりに業者が運営を代行しています。
(私もその業者の一人ですw)

そんな私が言うのもなんですが、業者が代行で運営しているためチャット上での会話も業者がされます。
そのため、ローカルについて何もわかっていない業者が回答するためコアな回答は期待できません。

ただ、すべての業者がでたらめに運営してはおらず、私が勤めている代行業者はゲストから来たローカルについての質問は一旦オーナーさんに確認してゲストに伝えています。

デメリット3. 相互評価の仕組み

Airbnbは他の宿泊施設掲載サイトと違い、ホストもゲストもお互いに評価が出来る仕組みがあります。
(ちなみに、この仕組みに対しては私はポジティブな意見です^^)

これはほとんど起こらないですが実際に私が経験したことなので、念のため皆さんに共有します!

変なゲストを宿泊させないために、この評価を重視されるホストさんがいらっしゃいます。
実際に、私がairbnbを使い始めたときに評価が全くないとき宿泊を断られたことがありました。

まずこちらを見てください。

ホストに対しての評価ページ
(実際に私が運営を携わってる物件です)

ゲストに対しての評価ページ
(私のアカウントです)

このようにホストとゲストはお互いに評価をつけあう事ができます。

ゲストが宿泊施設を選ぶ前に評価を確認するのと同じように、ホストもゲストの評価を予約を受け入れる際に確認します。

宿泊施設の利用の仕方が悪かった場合、ホストから容赦なくコメント付きの低評価をつけられるので節度を守って利用しましょう!

まとめ

上記でお伝えしたようなトラブルを避けるためには、airbnb上のホストと連絡が取れるチャットで遠慮なく質問することだと思います!

その質問に関して詳しく答えてくれないホストやすぐに連絡をくれないホストはちょっと怪しいのでなるべく利用を避けた方がいいですね。

また、今回はネガティブな点を書きましたが、別の記事で紹介した通り基本的にはairbnbのサービスはとてもいいです!
私は今でも旅行するときは必ずairbnbを利用します。

ですが、どんないいサイトでもトラブルはつきものです。
なので私が経験したトラブルを共有することで、皆さんがよりairbnbをストレスなく利用できると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました